{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

コメット HFB-30 (HFB30) 10MHz HFベースローディングタイプモービルアンテナ【1.06m】

商品番号 CO-525

■店頭/本店/モール在庫連動システム
タイトルに【予約】【取り寄せ】表記なければ全て在庫ございますが、
タイムラグ等によりご注文商品がご用意できない場合がございます。
その場合には、折り返しご連絡をさせていただきます。

■【予約】【取り寄せ】商品を注文する場合
【予約】【取り寄せ】商品を含む場合、それらが全て揃い次第発送します。
・在庫がある商品の先発送をご希望の際はカートをわけてご注文下さい
・【予約】商品で納期が判明しているものはタイトルに記載しておりますが
 目安となります
・【取り寄せ】商品はメーカーに在庫があれば数日中に入荷/発送します
・お時間がかかる場合には別途ご案内いたします

■注文商品の変更
注文確定後の変更処理(追加・キャンセル等)は、対応しておりません。
・注文商品の追加や変更がございます場合には
 キャンセルして正しい内容での再注文をお願いしております
・ご希望の際は詳細をこちらよりご確認の上、フォームよりご連絡ください

■お知らせメール
お知らせメールにご登録いただきますと、商品の入荷時や予約開始時にメールが届きます。下記の場合は「お知らせメール」のご登録をどうぞ。
・【予約】商品の場合
・「ただいま在庫がございません」表示が出た場合
・新商品が予約開始前の場合
※中古品・個数限定品を除く

4.50
メーカー希望小売価格 ¥ 10,450 のところ
当店特別価格 ¥ 7,838 税込
会員価格あり
[ 78 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。

レビュー↓

■HFB30レビュー
10MHzにQRVしようと、アパマンハムとしてこのアンテナを購入しました。
それに、会わして、取り付け台BK10とコネクターも一緒に購入。
ノ ンラジアルでは、アンテナアナライザーで見ると、使い物になりません。
BK10取り付け台は、実際にポールに付けると微妙にネジが合いません。
レ ンチ式ネジ回しで、タップの切り直しが必要です。
アンテナは、やはりWhipで、非常にディップ点を会わすのに、結構時間がかかります。
当 方、2.5メートルのワイヤをヘリカル風にして、コイルを入れて、センターローディングタイプにラジアルを作りましたが、上手くいかず、安いACケーブル を足すと、見事にSWRが落ちました。
かなり、工夫が必要です。
アンテナアナライザーは絶対必要です。
これが、アマチュアの楽しみか苦労か、そんな感じです。
一メートルごときのアンテナで、何が出来るか楽しみにしています。
でも、昔に比べたら、飛躍的な進歩です。

さらに詳しいレビューはこちら 毎週新レビューはこちら

 

HFベースローディングタイプモービルアンテナ
10MHz用 HFB-30 コメット 

ワイドエレメントアジャスト方式
※従来よりも、出し入れの幅が大きく、広い範囲で調整することが可能になった新方式です。

製品名 HFB-30
全長 1.06m
重量 250g
周波数 10MHz
耐入力 250W PEP
コネクター M型

4.50
4
  • 購入者
    愛知県 60代 男性
    投稿日
    第一電波のHF-30FXと迷いに迷って購入いたしました。 まだこれからの運用ですが、長さが1.06mでコンパクト しかも調整が簡単(ある意味シビア)で良いです。 10.123MHZ過ぎあたりに共振点をもっていきたいです。我が家のダブレッド12mHと比較してはいけないですが、結構飛びそうですね。これでHFBシリーズ全部 ゲットでございます。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    さすがに短いので調整は大変ですが、短いなりに飛びます。200mWの30m WSPRを東京から運用したところ、北米西海岸からの受信レポートをもらうことができました。
  • 購入者
    40代 男性
    投稿日
    ■アンテナ設置条件 ・ラクティスの屋根のセンター後方側(AMラジオANTの前側) ・マグネット基台(第一電波 K3000) ・マグネットアースシート(第一電波 MAT50)1枚 ■測定&調整  上記の設置条件で運用するために、COMETのアンテナアナライザーCAA-500を使用して測定&調整を実施。ただしデフォルトの調整可能範囲では整合周波数がバンド範囲より低かったので、エレメントのカットを5回行い、結局34mm短くした。その結果、整合周波数≒10.130MHz、ボトムSWR≒1.00(←ここでのインピーダンス≒51Ω)、SWR≦1.5の範囲≒10.098~10.162MHz(10.130MHz±32kHz)になった。  このアンテナをチューナー無しでFT-818に繋ぎ、Sメーターが振らない&時々受信不能になる不安定な信号のCQを5WでCALLしたところ、即応&レポート599をいただいた。このレポートをどの程度信じるか?という話は有るのかもしれないが、実長さ1m程度のベースローディングアンテナの割に、ある程度の健闘はしてくれたと思う。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    総じて満足です。 これまでダイヤモンド社のHF30FXを使ってきましたが、5年を大分超えたこともあり経年劣化対応も含めて購入しました。 本製品の長さはHF30FXよりやや短い、コンパクトなものです。当局のベランダは天井まで手すりから1.5メートルあまりしかなく、コンパクトなモービルホイップしか取り付けられないため本製品の選択となりました。 Eスポが出たせいでコンディションが開けた日に、本製品でCWでQRVしましたが、全国各地から応答をいただきました。当方は出力は100Wです。当日のコンディションから考え、使用実感は飛び・受けともこれまでの経験と大きくからわず、当局の希望水準に比して満足のいく水準です。 アンテナの長さの調整は、この製品は六角レンチとなります。機材を使わないで延ばしたり縮めたりできるHF30FXと比べると調整時は若干やっかいです。もっとも一度同調をとってしまうと後は問題ないので利用開始時だけの問題です。SWRは調整後1近くまで落ちています。 当局の局所的な問題だと思うのですが、HF30FXも本製品もなぜか当初包装段階のアンテナエレメントを一番短くしても同調がとれず、さらに短くする必要がありました。5センチほどエレメントを切ったところ同調しています。技術には詳しくないのですが、当局のベランダや装備の構成による構造的なものが影響しているのだろうと想像しています。ちなみにほかのモービルホイップではそういうことはありませんのでやや不思議には思っています。ご参考までです。