{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

第一電波
MGC50 (MGC-50) 窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット

商品番号 DA-0424

■店頭/本店/モール在庫連動システム
タイトルに【予約】【取り寄せ】表記なければ全て在庫ございますが、
タイムラグ等によりご注文商品がご用意できない場合がございます。
その場合には、折り返しご連絡をさせていただきます。

■【予約】【取り寄せ】商品を注文する場合
【予約】【取り寄せ】商品を含む場合、それらが全て揃い次第発送します。
・在庫がある商品の先発送をご希望の際はカートをわけてご注文下さい
・【予約】商品で納期が判明しているものはタイトルに記載しておりますが
 目安となります
・【取り寄せ】商品はメーカーに在庫があれば数日中に入荷/発送します
・お時間がかかる場合には別途ご案内いたします

■注文商品の変更
注文確定後の変更処理(追加・キャンセル等)は、対応しておりません。
・注文商品の追加や変更がございます場合には
 キャンセルして正しい内容での再注文をお願いしております
・ご希望の際は詳細をこちらよりご確認の上、フォームよりご連絡ください

■お知らせメール
お知らせメールにご登録いただきますと、商品の入荷時や予約開始時にメールが届きます。下記の場合は「お知らせメール」のご登録をどうぞ。
・【予約】商品の場合
・「ただいま在庫がございません」表示が出た場合
・新商品が予約開始前の場合
※中古品・個数限定品を除く

4.42
メーカー希望小売価格 ¥ 8,250 のところ
当店特別価格 ¥ 6,188 税込
会員価格あり
[ 62 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。

第一電波工業より、窓やドアの隙間を通す、すり抜けケーブルが発売。
コメットさんの隙間ケーブル(CTC-50M)と同等品。

ベースステーション(自宅)で同軸ケーブルの引き回しはとても大変です。太いケーブルを使用したいがケーブルを外部に出せないなど、いろいろと工夫されています。

今回発売の、窓・ドアすり抜けケーブルは、そんなユーザーの皆様に便利な商品です。
通常のアルミサッシやドアであれば、締め切った状態で使用することが可能です。
高周波特性に優れたケーブルを採用することにより、DC-1500MHzまで使用することが出来ます。

付属の固定台座を使用することにより、容易に取り付けることが可能になりました。
機能重視で、低価格設定を実現しました。

スペック
周波数範囲 DC-1500MHz

耐入力
HF-50MHz 150W(SSB) 50W(FM/CW)
144MHz 40W(FM)
430MHz 30W(FM)
1200MHz 10W(FM)
【ご注意を】コメットさんと同じケーブル(CTC-50M)を使っているとのことですが、コメットさんよりも耐入力が低い。
ハイパワーが入らないのが難点。

SWR
HF-500MHz 1.2以下
500-1000MHz 1.3以下
1000MHz以上 2.0以下(1200MHzにおいて1.7程度)

挿入損失
144MHz帯 0.3dB以下
430MHz帯 0.6dB以下
1200MHz帯 1.6dB以下

インピーダンス 50オーム
接栓 MJ-MJ
ケーブル長 50cm(コネクター間にて)
重量 102g
付属品 15×40mm両面テープ2枚、固定用台座4個、固定バンド4本、取り付けビス4本

 

両端は写真のとおり、MJMJコネクタータイプ。
外からの同軸ケーブルは、自宅用アンテナであれば、MPMPつきのケーブルセットを使用します。
こちら
他にマグネット基台を使って、車載アンテナを接続することも可能です。

室内は、車載機を接続する場合には、両端MPMPケーブルが必要。
MPMP5D5m、MPMP5D1m、MPMP5D50cmなどがあります。
こちら

ハンディ機器を接続する場合には、上の中継ケーブルの後、さらに
SMAタイプの場合には、SMAP-MJ50cmケーブルやSMAP-MJ1mケーブルを追加。 
こちら
BNCタイプの場合には、BNCP-MJ50cmケーブルやBNCP-MJ1mケーブルを追加。
こちら。  
隙間ケーブルから1mで足りてしまうのであれば、SMAP-MP1mや、BNCP-MP1mで繋ぐという手もあります。
こちら。

まとめるとこんな感じ。

モービル機の場合
外からのケーブル(MP付き)→CTC-50M(隙間ケーブル)→MPMP5D5m、もしくは、MPMP5D1m、もしくは、MPMP5D50cm→モービル機へ

BNC型ハンディ機・受信機の場合 その1
外からのケーブル(MP付き)→CTC-50M(隙間ケーブル)→MPMP5D5m、もしくは、MPMP5D1m、もしくは、MPMP5D50cmBNCP-MJ50cm、もしくは、BNCP-MJ1m→ハンディ機

BNC型ハンディ機・受信機の場合 その2 短くてもよければ(室内1m)
外からのケーブル(MP付き)→CTC-50M(隙間ケーブル)→BNCP-MP1m、もしくは、BNCP-MP50cm→ハンディ機

SMA型ハンディ機・受信機の場合 その1
外からのケーブル(MP付き)→CTC-50M(隙間ケーブル)→MPMP5D5m、もしくは、MPMP5D1m、もしくは、MPMP5D50cmSMAP-MJ50cm、もしくは、SMAP-MJ1m→ハンディ機

SMA型ハンディ機・受信機の場合 その2 短くてもよければ(室内1m)
外からのケーブル(MP付き)→CTC-50M(隙間ケーブル)→SMAP-MP1m→ハンディ機


 レビュー↓

■MGC50レビュー

商品は満足です。 
隙間ケースルですが、損失も少なく窓も問題なく閉められ、目的を達しています。
ただし値段が少々高めなのが難点。 
2000~3000円ならうれしいところです。

 

さらに詳しいレビューはこちら 毎週新レビューはこちら


 

4.42
12
  • 購入者
    岡山県 40代 男性
    投稿日
    実はこの商品、立て続けに2回購入させて頂きました。 というのが、初回購入時にサッシの「召合せ部」で室内に引き込んだ所、全く受信しないので、テスターで導通を測ると断線していました。(ケーブルの外観はそんなに変形がありませんでした) でもこれは良い機会だと思い、ケーブルを切断したり接合部を分解したりと一通りやってみましたが、物も作りも精工でこれはちょっと素人では真似できないなと思いました。 2度目は説明書通り、「たて枠」で引込むと問題なく利用できました。 当方は減衰を数値で測定する装置は持ち合わせていないのですが、受信に関しては、外で受信しても室内に引き込んでも感度は変わりませんでした。 余計な出費にならないよう、サッシの構造にもよりますが、「召合せ部」での引き込みにはご注意下さい。というか、「召合せ部」での引き込みは行ってはダメなのでしょう・・
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    うちがたまたまかもしれませんが、サッシの気密性が高い構造のようで、隙間が残り、扉同士がずれたままなのでカギもかかりません。 なので、隙間ケーブルを通している隙間に養生テープ(床用の粘着度の低いやつ→白色です。)を貼ってすきま風を止めました。また、扉が行き違う中央部も結構すきま風が入るので、防犯面も考えてここも粘着性のテープを貼りました。ここは少し粘着度が高く、目立たないようにするため、養生テープではなくて、普通の透明で幅広のテープにしました。 電気代の高騰への対策ですが、高くつきました。 ただ、信号の強度は体感できるほど落ちてはいないようです。こちらが出す方は一割ほど落ちているかなあと思えるくらいでした。 、暖かくなったら、クーラーの季節までは一旦撤去すると思います。
  • 購入者
    山梨県 男性
    投稿日
    室内アンテナから外にアンテナ出したくて購入。思ったより減衰もなく、安心して使えています。さらに2個、3個と、考えてます
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    壁に穴を開けなくて済むので重宝してます。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    移動時に宿の窓、ベランダなどに便利に使えました。(固定局用にはくらー用の窓貫通アルミパネルを使用してます。)